« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月25日 (月)

先週の題名のない音楽会とセラミュ【191117】とその他

12月30日の紅白バンド合戦@メリーユー
紅組5組、白組5組の出演バンドが確定いたしました。

バンド名確認取れ次第、発表していきます。

23日は「磐田de音楽フェスタ」
何年かの間、当日のみのスタッフとして参加してましたが
今回は元実行委員として「JKI」のメンバーとして参加してきました。

観に来ていただいた方々に感謝
誘って頂いたメンバーに感謝
現実行委員の方々に感謝

会場およびステージスタッフの方々に感謝。

24日は浜松城公園で行われた「ローカル珈琲フェスタ」へ
初めて「TONES」さんの珈琲を味わうことができました。

先週の題名のない音楽会
「低音楽器女子の休日」

ゲストは音楽プロデューサーの古坂大魔王

「ぞうさん」

低音の名曲
Yu-ka コントラバス

福士マリ子 ファゴット
高尾あゆ バリトンサックス

★低音楽器の魅力
コントラバス Yu-ka

5年生から始める。
ヴァイオリンだと目立たない。

コントラバスは目立つ(笑)
6オクターブまで出る。
指板が長い。

バリトンサックス 高尾あゆ

いろんな楽器のおいしいところを演奏できる。
ベースライン、メロディライン、等
場面によって優しい音や、激しい音を使い分けることができる。

チューバ 福本恵子
他の楽器を支えていることを感じることができる。
「夢遊病の女による協奏曲」

コントラバスの超絶技巧に注目
早く弾くために通常の3/4サイズのコントラバスを使う。

ライバルはチェロ(笑)。

★低音楽器はこんなはずじゃない。
バリトンサックスのリード
一枚1000円くらい

リードは高いし、当たり外れがある。

当たりはメモしてわかるようにしている。

チューバ
一度に大量に息を使うため、酸欠になる。

「グリーンスリーブス」

ずっしりとした低音で演奏を支えること。

伴奏がメインですが、メロディを弾くと独特な雰囲気になる。

★低音楽器女子の悩み
・移動が大変
・機内持ち込みができない。
・ファゴットは分解できるので機内持ち込み可能。
分解に時間がかかるので、新幹線に乗り遅れることがある(笑)

・低音楽器休みが多い。
人間観察している(笑)
眠くなる(笑)
イケメンを見ている(笑)

「夏夢」
ファゴットのさまざまな演奏方法に注目
ポルタメントによって音を際立たせる。
断ち切るような技巧的表現の連続。

本日のセーラームーンミュージカル

四天王にはムーンフィーリングエスカレーション

それはプリンスを守っていたころ頃を思い出して欲しい
ムーンの願いが込められている。

過去の過ちを詫びるエンディミオン
セーラー戦士、スリーライツ、ギャラクシア軍との
全宇宙をかけた総力戦が始まる。

保坂優子(セーラーブルート/天王はるか)
飯塚由衣(セーラーサターン/冥王せつな)
若山愛美(セーラーマーキュリー/水野亜美)
かわさき愛子(セーラーマーズ/火野レイ)
渡辺舞(セーラージュピター/木野まこと)
渋谷桃子(セーラーヴィーナス/愛野美奈子)

 

ポチッとよろしく!

2019年11月10日 (日)

先日の題名のない音楽会とセラミュ【191103】

先日の題名のない音楽会とセラミュ【191103】 
最近、月を観ることができません。 
月を観るくらいの余裕が欲しいですね。 

10月の職人市場IN千歳音楽ステージ
好評のうちに終わることができました。

最初に依頼を受けてから10年経つんですね。
最初の年は依頼を受けたけど、幸いにも協力してくださる方が
現れて、4会場分を用意することができました。

ところが、当日は雨。
「中止だよね?」との問い合わせに答えずに
雨天用のプログラムを考えていた自分。

実行委員会様のご配慮により
建物の1階の空いたスペースをお借りして
凝縮版でお届けすることができました。

今回は、諸事情により、雨天用のスペースは無く、
音楽ステージのみ中止となるのは、当初から決まっておりました。

晴れてよかった(笑)。

12月30日開催の紅白バンド合戦@メリーユー 
少しずつ準備を進めております。 
まだ、出演バンド確定までは道が遠いです。 
 
1月2日のプレ葉ウォーク「アフタヌーンライブ」 
もう一組の候補者に電話しているのだが、 
つかまんないし、電話がかえってこない。 
どうせ、そのあたりでセッションしてるんだろ(笑)。 
あきらめて次の候補に電話するか・・・。 

題名のない音楽会55周年令和スペシャルコンサート 

MCには石丸さん、松尾さんに加え、指揮者の山田和樹さんの 
3人が担当です。 

人気ソリストだけのオーケストラ 
宮田大、 
川久保賜紀 
成田達輝 
他 

通常はバイオリン一人にオーケストラがつく。 
今回はソロが次々と代わるスペシャル構成。 
 
ソロが際立つように指揮は無し。 
 
ソロを弾く順番だけを決めている。 

人気ソリスト14人が集う「四季」メドレー 
「夏」、「秋」、「冬」、「春」 
 
和楽器奏者の革命家大共演。 
林英哲 

藤原道山 
上妻宏光 
LEO 
 
邦楽によるオーケストラ。 
10時間くらい稽古したようです。 
曲つくりに共通の楽譜がない(笑)。 
お互いの楽器の共通なところをみつけながら曲作りをおこなう。 

 「伝統から革新への序破急」 
序:受け継がれた伝統 
破:伝統をやぶる新しい試み 
急:クライマックスの大合奏。 
 
箏の近くには、小さなモニターが置いてある。 
大太鼓は下にマイクを設置してある。 
 
本日のセーラームーンミュージカル 
倒された仲間を取り戻すとちかうセーラームーン。 
「シルバークリスタルを差し出せば、すべてを許してくれますか?」 
ギャラクシアに尋ねるセーラームーン。 
 
セーラームーンはギャラクシアとクインベリルが 
いなくなることを望んではいない。 
 
「地球に帰りたい」とギャラクシアに申し出るクインベリル。 
 
多部未華子(セーラースターヒーラー/夜天光) 
中山旦子(セーラースターメイカー/大気光) 
秋山千夏(セーラースターファイター/星夜光) 

内田亜砂子(セーラーウラヌス/天王はるか) 
蘭波知子(セーラーネプチューン/海王みちる) 

 

 

ポチッとよろしく!

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

NEXT LIVE

  • WLBS!
    WE LOVE THE BEATLES! LIVE Vo.7 2011年4月9日(土) 開場 16:30 開演17:00 会場 浜松フォース 出演 LIVE THE BEARS! THE BEATALS GIGA MUSICA 毘蘆遮那堂 Battles The 音楽部 WLBS! 料金  前売り 1500円(ドリンク代500円別) 当日  2000円(ドリンク代500円別) 浜松フォース(有楽街クエストミュージック3階)

最近のトラックバック